薄毛治療。男性と女性の違い。

もともと「薄毛」は男性の症状というイメージも強く、世間的にも「女性の薄毛」となると、その認識は決して高くないでしょう。

でも現実世界を見渡せば、薄毛で悩む女性が多いのは紛れも無い事実です。

女性の薄毛の原因の多くは「加齢」による影響が多いのですが、近年では加齢以外の要因が薄毛に影響を及ぼすケースが増えており、それ故、20代、30代の女性でも薄毛を気にする人が増えているようです。

もはや、女性にとっても「薄毛」は他人ごとではないのです。

そんなわけで、女性向けの薄毛治療というのも近年では人気が高まっています。

女性専用の薄毛治療サロンも全国に増えているようです。

男性の薄毛治療に関しては広告などで「AGA」の言葉を良く見るように、今や世間的にもかなり一般的なものとして認知されていますが、女性の薄毛治療となると、まだまだ歴史も浅いのが現状です。

そもそも、男性と女性では薄毛の原因が異なります。

男性型脱毛症、いわゆる「AGA」は男性ホルモンの影響が強く、治療に関しても男性ホルモンを制御する薬を用いるのが一般的です。

でも、女性の薄毛の原因はAGAとは異なるので、AGAで用いられている薬を女性の薄毛治療に用いることはできないのです。

つまり、男性と女性の薄毛治療は根本的に異なっているのです。

そういった意味では、女性の薄毛治療を受ける場合は、きちんと女性のための薄毛治療を行ってくれるのかどうか?この点をしっかりと確認した上で治療を受けることが肝心ですね。

オススメの病院=>レディース頭髪治療|福岡市天神のAGA治療・薄毛治療の専門病院 城西クリニック福岡